猫の急性嘔吐(小腸内異物) 治療編

新着情報(高橋雅弘)

高橋ペットクリニック 外科ケースより

先日ご紹介した猫の急性嘔吐(小腸内異物)診断編の続きです。

猫の急性嘔吐(小腸内異物)診断編はこちらをクリックしてください!!

超音波検査において小腸内異物と診断したため、静脈内点滴を実施後緊急手術となりました!

↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!

緑矢印部分の小腸内に異物が閉塞していました。

小腸の一部を切開して異物を除去しました!
↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!

切開した部分を縫合して終了です!!
↓クリックすると写真が大きくなりますが、血がだめな方はクリックしないでください!!

取り出した異物は髪留めのゴムでした!!